剣道衣/防具の着装

− 防具編 −
剣道衣編はこちら

剣道衣/防具の『着装』ってほど大それたものじゃありませんが、剣道衣/防具の付け方が分からない人のために その手順くらいを説明したいと思います。
ということでここでは防具の付け方を説明します。

  1. 防具の着装
    1. 面の準備
      まずは面を付けられるような状態に準備しましょう。
      1. 写真のように乳革を使って面紐が面ひごに取り付けられていると思います。
      2. その紐を面の後ろに回します。
      3. 後ろに回した紐をもう一度前側へ持ってきます。
      4. 前に来た紐を面金の一番上をくぐらせます。
      5. 同様に反対側も後ろに回し前に持ってきて面金をくぐらせます。
      6. このとき面紐が途中でねじれないように注意してください。

      以上で準備完了です。面をかぶったときはその紐を頭の後ろで結ぶだけです。

      では実際に防具を付けていきましょう。


    2. 垂は特に難しいところはありませんが紐が太かったり垂自体が硬かったり等でなかなか しっかりつけ辛いですが練習あるのみです。
      あんまりゆるいと稽古中に垂が一周なんてこともあるかもしれません。
      1. ゼッケンのついた大垂が前に前に来るように腰にあてます。
      2. 紐を後ろに回し前に持ってきます。
        このとき袴の腰板の下の部分を紐が通るようにします。
      3. ゼッケンのついた大垂をまくりあげます。
      4. 捲り上げた大垂の下で紐を蝶結びにします。
      5. 結んだ紐を大垂の左右についている小垂の下へ押し込んで動いても紐が出てこないようにします。

      以上で垂は完了です。


    3. 胴も特に難しいところはありませんが紐を後ろで結ぶので練習が必要です。
      1. 正座して胴を腰あたりにおきます。
      2. 胴の上側についている長い紐の左側を自分の背中を通し右肩に持ってきます。
      3. 胴の右の胸乳革の輪に先ほどの紐を通します。
      4. 通した紐で輪を作りそこへ再度胴紐を通し(完全に引き抜かないようにしてください)しぼり挙げます。
      5. 同様に右の紐も背中を回して左肩にもってきて先ほど同じように縛ります。
      6. あとは胴の下側の短い紐を腰の後ろで蝶結びにします。
      以上で完成です。このとき胴の高さは垂の紐が少し見えるくらいの高さにつけるようにします。
      小さい子供の場合は胴が大きいかったりするのであまり上過ぎたり下過ぎたりしなければ良いと思います。
      なお、胴紐の結び方は他にも色々あり『ここで説明した結び方がすべてではありません。』
      小さい子供などは胴の胸乳革に通した紐をそのまま後ろに持っていき首の後ろで蝶結びにするという方法もあります。

    4. 手ぬぐい
      手ぬぐいをしっかり付けないと面をしっかり装着できません。何度も練習しましょう
      1. 手ぬぐいを顔の前で広げその左右の上端を持ちます。
      2. そのまま前髪を一緒に持ち上げるような感じで手ぬぐいを頭の後ろまで滑らせていきます。
      3. そのまま手を離さず右手を前に回し左側頭部に手ぬぐいの端を回します。
        このときしっかり引っ張ってたるまないようにしてください。
      4. 今度は今回した手ぬぐいの端を挟み込むような感じで左側の手ぬぐいの端を右側東部へ回します。
        これもしっかり引っ張りながら回さないと手ぬぐいがずれてしまいます。
      5. 顔の前に垂れ下がった手ぬぐいをめくり上げそれを頭の上にかぶせます。
      6. 最後に手ぬぐいの端が面からはみ出ないように内側に折り込みます。
      このかぶり方は一例で手ぬぐいも胴の紐の結び方同様色々な方法があります。


      1. 一番最初に説明したように準備した面を用意します。
        手ぬぐいをかぶってから面紐を準備していたのでは手ぬぐいが解けてしまいますので手ぬぐいをかぶる 前に面の紐がちゃんとできているか確認しておきましょう。
      2. 面を広げあご入れてかぶります。
      3. かぶったら面紐をしっかり引っ張りずれないようにします。
      4. 面紐を後頭部にまわしちょうど目の高さくらいのところで蝶結びにします。

        このとき左右の面紐の長さがそろうようにします。

        なお、買ったばかりの面紐を長すぎますのでここ(『面紐の調整』)を参考に面紐の長さ を調整してください。
      5. 最後に面紐がねじれていないか確認してください。
      面は紐を頭の後ろで結ばなければならないため何回も練習が必要です。またしっかり締めないと面がゆるくて 稽古中に外れてしまったりするので何度も練習しましょう。
以上の様な感じで防具を付けます。
はじめはうまく付けられないかもしれません。何度も練習しましょう。



Copyright 2006 多摩平剣道会
All rights reserved
当サイトに掲載の画像等を含む全ての内容の無断使用/転載等を一切を禁じます。