剣道衣/防具の着装

− 剣道衣編 −
防具編はこちら

剣道衣/防具の『着装』ってほど大それたものじゃありませんが、剣道衣/防具の付け方が分からない人のために その手順くらいを説明したいと思います。

ということでここでは剣道衣の着方を説明します。

  1. 剣道衣の着方
    1. 胴衣
      まずは胴衣です。特に難しいところはないと思います。
      1. 肌着の脱いで胴衣をきます。
      2. 内側の紐を結びます。
      3. 外側の紐を結びます。
      4. 襟が開きすぎないように整えて完成です。


    2. 紐を後ろで結ばなければならないので慣れるまでは大変ですが何回も練習してください。
      1. 肌着の脱いで袴をはきます。
        『腰板』と呼ばれるものが背中側に来るようにはきます。
      2. 前の帯を腰骨の上(おへそくらいかな?)に合わせます。
      3. そのまま前帯を後ろに回し一周させます。
      4. 前に回ってきた帯を写真のように前で交差させます。
      5. 交差させた帯を後ろ回し後ろで蝶結びをします。
      6. 腰板についている『へら』を先ほど結んだ帯に挟み込みます。
      7. 袴のすそが前下がりになるように腰板の位置を調整します。
      8. 腰板についている後ろ帯をお腹の前に回してきます。
      9. 後ろ帯を前で交差させ上側になった帯を先ほどの前帯の下へ下側からくぐらせます。
      10. あとはそれらを結びます。
      11. 最後に帯の先端を帯に挟み込んで完成です。
以上の様な感じで剣道衣を着ます。本来はしわがよったり襟首が開きすぎないように 着るのですが写真のモデルがこどもですのでその辺は見なかったことに……

では『防具の付け方』に進んでください。



Copyright 2006 多摩平剣道会
All rights reserved
当サイトに掲載の画像等を含む全ての内容の無断使用/転載等を一切を禁じます。